コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

PLDD。

ご無沙汰しております。

この数ヶ月、なかなか波乱万丈でした。

そして考えさせられる数ヶ月でした。


動物のお医者さんっていう存在も

動物くらい種類があるなと。


それぞれ考え方もやり方も
得意技も違うので、
頼り切ってはいけないなと。



さて、うちの下のパグ
ポコさんですが、
ヘルニアの問題を放置して

腫瘍を取ったり、歯石を取ったり、
尿結石をなくすために
おしっこを酸性にしようと
日々努力をしているうちに


なんだかだんだん足元が
悪化してきているなと感じ、


でもいま通っているお医者さんは
ヘルニアにはあまり詳しくないようで

相談しても
なんかこう、throughされます。


それで、自分で調べてみたら、


PLDDという治療法があることがわかり、


翌朝、その技を持っている
80キロ先の病院まで
行ってきました。

先生曰く

治るかもしれないけど、

治らないかもしれない。

結構、悪化しているし。


ということで
もう、暑くなってきてるし、
怖い想いはさせたくない私は
一瞬諦めたのですが、

でもやっぱりこの先生に
掛けてみることに。



なんていうのかなあ、


どんなに正しいことを言ってる先生でも


こいつの言うことだけは聞きたくない

こいつにうちの子を預けてなるものか

という先生もいれば、



ああ、このひとは大丈夫だ

と思える先生もいる。
この先生に預けて
だめなら仕方あるまい

と思える先生が。


腫瘍を取ってくれた先生もそうだったし

今回のこの先生もそうだ。



いまから思えば、
前に通っていたあの先生の言ってた治療法がきっとPLDDだったんだろうなあ、あの時言うことを聞いておけば、こんなに苦労はしなかっただろうな。

って思えるけど、

あの先生の言うことだけは聞きたくなかったんだよねえ。

私が愚かなんだろうけど、悔いはない。


自分が納得できなければ
預けることなどできないのだ。


さて、
こちらにお願いすると、
施術後は1週間ほどの入院が必要になります。
そこまで目を離して大丈夫なのだろうか。

でもまだ、そこまで暑くないし、

これ以上放置しても悪化するばかりだと
腹を決めようと思っていますが
不安は絶えません。

この先生が良くても
スタッフがどうかわからないし


運不運もあるだろうし、


あまりに大事にしてしまって
忍耐のない子になっているし、

ああ、でもがんばろう、ポコ!

そのためにはまたMRIを撮りに行かなくてはなりません。


6か月以内なので
15000円で撮れるそうです。
(フィルム代他は別途)

しかも今月中旬で
キャミック千葉は閉まってしまうんだそうで、ギリギリで入れてもらえました。


このあたりがトントン拍子なので
なんだか先が明るい気もします。


またMRIで泣かせるのは辛いけど、
そのあとがもっと大変なんだ、
負けちゃいられないぞ、ポコ!


それではまたね。


スポンサーサイト
コンテントヘッダー

ポコの不在。

今日はポコがいません。

今月になって
悪性腫瘍が発見されたので、
今日手術をしました。

手術は無事終了したので
明日、帰ってきます。


なんというか、

パグだから麻酔も心配だし
お泊りなんて避妊手術以来だし
私はものすごく心配しました。

お医者さんに一緒に泊まろうか
思ったぐらいです。


そして離れている間、
自分はさぞかし呆けていることだろう

心配で心配で
居ても立っても居られないだろうと思っていました。

ところが、そんなことはなかったのです。




心配なんか全くしなくて

それどころか、
うわあ、ポコがいないと静かで平和だなあとか
思っちゃっていて


それが結構
ショックでした。


そして残された
ピーちゃんやミン太も
寂しがったり心配する風もなく

まるで赤ちゃんに戻ったかのように
生き生きとして
私にまとわりつくのです。

考えてみれば

あれほどうるさいパグはいません。


太っているからすぐ暑いっていうし
わがままですぐに泣き顔で脅すし

尿結石とか膀胱炎とかヘルニアとか併発して
すぐにおしっこ漏らすし

ずーっと私のあとをついてくるし
何か食べる時はいつの間にかそばにいるしで

気の休む暇もありませんでした。


私はこの子のために

あれがヘルニアにいいと言われれば取り寄せ
これがダイエットにいいと言われれば試して
それが尿結石にいいと言われれば買いに行き

を繰り返し、

それというのも、
もう二十年も前に亡くした
パグたちへの後悔からです。

もう悔いるのは嫌だったのです。
そこの部分がアレルギーのような
過剰反応域になっていて

普通の判断ができなかったのです。

この子がいないと生きていけないとまで
思っていました。


だから昨日までの私の生活の
60%はポコに使っていたかもしれません。

そして
ピーもミン太もポコに遠慮しまくっていたのですね。



うーーーん。


今、本当に静かです。


まあ、ちょっとは
おいおいおい、そりゃないだろとか
自分に対しても思うのですが


どうしてか、
今、ひとりで病院で多分泣いている
あの子を気遣う気持ちが出てこない。

まあ、病院だし、安心できる先生だし。
一泊だしね。
たまにゃあいいだろ。

つーか、私ってもともとこう性格だったよな。
なんであんなにベショベショだったんだろう。


こうして離れて
初めてわかったことですが

私はあの子に
ちょっと近すぎたんだなあ。
構い過ぎてたんだなあ。
そしてそのことに疲れていたのだ。
結構重かったのだ。


それは正しいことではなかったんだなあと思います。


そうでなければ

もう少し正しい判断を持って接することができ、
冷静に対処できていたのかもしれない。


つまりはここまで状況が悪化するほどには
ならなかったかもしれない。

いやだと訴えられれば
「そうか、じゃあやめようね」とか言って
すぐに放棄するから
痩せないし、病気が治らなかったのでは。

いや、それ以外にないな。




犬を亡くすということは
とても悲しいことです。

だからとても臆病になるし
不安症になるし
なくすことが怖くて怖くて
たまらなくなります。

でもそれは不幸なことです。
恐怖に追われていてはいけません。
目が曇っていてはより良く育てることができません。
甘やかし過ぎてはいけないのです。


やっぱり距離って大事だよね。
もうちょっと突き放すか。
ってことがわかった貴重な夜でした。


それではまたね。

コンテントヘッダー

ひょっとして。

うちのポコちゃんはいま

腰痛のせいか、
尿結石のせいか、
膀胱炎のせいかわかりませんが


頻尿がすごいです。


おしっこするならトイレシート!

っていうのが、
ずっとできてた子なんで、


病気なら仕方ないと
お漏らしをこまめに拭いてきましたが

部屋に匂いがつくのが辛いので、
このたびオムツをしていただきました。


老人用の尿漏れパンツです。


そしたら妙なことに、


オムツをしているあいだは
致されず。


致す時は
自分でオムツを脱いで致すのです。



えーーーーと、

それってつまり、

ひょっとしたらひょっとして、



あんた、コントロールできてるわけ?



いままで、私は、


病気のせいで
我慢できないのであろう,
何とかわいそうなことだと
涙を飲んできたのですが、



別にそういうわけでもないわけ?



しようと思えば、
ちゃんとシートで致せるのかな?
ひょっとしたら。


怒らないから、
ショーージキに言ってごらん?

pag.jpg


などと言って通じるはずもなく。


まあこの状態はこのまま
呑み込んでいくしかないかな。

早くも介護生活が始まりつつあります。

ではまたね。




コンテントヘッダー

お外は雨よ。



本日の ごはんの提供は

すべて 終了いたしました

またの ご利用を お待ちしております。

ご利用 ありがとう ございました。

ピンポンパンポーン♩


だってさっきあんた
食べたじゃないの!

三重県の尾鷲から取り寄せてる
カワハギ !
あれ高いんだからね!
なんで残すの!


まったくもー!
わかった!なに食べるの?
モンプチ?
ねこ懐石?
煮干し?

煮干しは腎臓に悪いっていうから
ほどほどにしなさいよ!




あんたもさっき食べたでしょ~!
ササミ二枚と鶏モモ唐揚げ用!
「美味しいものいっぱい食べてんでしょう」って
お散歩で会う人会う人みんなに
言われてるんだから、
ちょっとはセーブしなさいよ!




そんなお顔しても
お散歩はありません。
雨だから!
さっきお外を見たでしょ~?
やんだらいってあげるから
寝てなさい!


みんな文句が多くて困ります。

今週は忙しかったから
明日はのんびりしたいところ。

でも晴れて暑くなるって
予報で言ってるから、
朝んぽは早く行かなくちゃだな。


とりあえず、
本日の営業は
すべて終了しておりますから!

また明日ご利用くださいね!


ではまたね。



コンテントヘッダー

こうしてすべては日常に。

ポコのヘルニアが判明して
数ヶ月が過ぎますが、

いまは鍼治療に通っていて

おかげさまでいまは
結構、スタスタ歩いています。
芝田先生、ありがとう!


散歩は主にカートに乗せてますけどね。
これがとても使えます。


それから、

膀胱炎と尿結石も患ってるせいか
頻尿がすごいのですが、


それにも慣れてきました。

結構ご老人向けの薄型パンツが
ぴったりです ^^;。


調べてみると、
犬のお漏らしで
お悩みの方も多いみたいで、

あちこちで対策案が練られている模様。


心強いなと思ったり。

こんなこと、
たいしたことじゃないんだなと思ったり。


それで現在はまったく問題ないです。

なにごとも繰り返すうちに
受け入れられるようになり
普通になっちゃうんだなと思います。
麻痺してくるともいうか。



それから、
医者は時々変えたほうがいいと
学びました。

同じところに長く行ってると、
異変があっても気付かれにくい
ということがあるようです。


新しい患犬は
あちこちよく診てもらえるみたいだし。

犬もシニアになると、
いろいろ出てきますのでね。

お散歩に行っても同年輩のお友達とは
病気の話で盛り上がり。
病院のご老人の気持ちがわかってきましたよ。


お金もかかるから、
絶対保険は解約しちゃダメ!


でも、どんなでも
居てくれればそれでいい。


それではまたね。
コンテントヘッダー

それは絶対したくない。

知人がいま精神状態どん底らしく

やたらと連絡をくれては

自分はいま、

悪意のある謎の相手から
さまざまな嫌がらせを受けていると
訴えてくるんですが、

どう聞いてもそれはありえない内容で

でも

親でもなければ子でもない、

あくまでも「知人」の付き合いレベルのひとに

そういうことをズバリというのも気が引けて



どうしてこのひとの家族は

医者に連れていってやらないのかと

恨みがましくも思いつつ

はぁはぁと聞いているだけの現状なのですが、


同じネタがこう長いこと続くと

こちらもうんざりしてきて

こう言って突き放したくなる。


すなわち、

留守中誰かが家に入っているというなら

どうして証拠をあげて警察に訴えないのかとか


それは出掛ける前のスマホで

写真を撮るだけでもいいではないかとか


あるいは、

ドアを開けたら紙が落ちるように挟んでおくなり

糸を張っておくなり、

いろいろあるんじゃないかとか

まぁ言ったんだけど、

黙り込んだり、言い訳ばかりが返ってきて

なにも対処する気はないようなので、


いまさらいう気もなくて


じゃあ、このひとの目的はなんだろうと考えてみると


同情してほしいだけとか

優しくしてほしいだけとか

興味を持ってほしいだけとか

そのあたりに腑が落ちてくる。


つまりそんな子供染みたやり方を

成功するまで延々と続けるつもりなんだろうか、

このあたしに対して。


それはつまりいままでの人生において

そんなやり方はこの世では通用せず、

そんなことをしても

ひとは離れていくだけということを

学ばないできたということか。

たいしたもんだな。


でもだからと言って

かわいそうだねとか

それは大変!(棒)とか

言い続けるのも疲れるし


その気持ちの奥の感情について

手取り足取り一緒に考えてあげるのも面倒臭いし

そもそも、それが通じると思ってるだけで

治したいとは思ってなさそうだから

ここは放置が一番いいのではないか。



という結論に飛びつく

我が身より醸し出される感情は


あたしが幼子の時だってその手口じゃ親からさえ入手できなかった愛情とか優しさをどうしてこんな稚拙なやり方を繰り返すだけの○○にくれてやることができようか、いや絶対したくない。


という年季の入った悪臭が

放たれていることはまぎれもない事実です。


パグにならいくらでもくれてやれるのになぁ。

ホント不思議。



それではまたね。
コンテントヘッダー

SUITS

今日は
なんとなく疲れる日だった。


報われない日だったと言い換えられるかも。


やってもやってもダメだったとか

確かめてんのに間違えてたとか

せっかく選んで買ったのに、

よりによってとってもマズイのを引き当ててたとか。


今日はそういう日だなと思ったら

絶対やっちゃいけないことがある。


自分の人生全般について考えることだ。

またはよそ様の人生と比較するとか。

それだけは

絶対絶対絶対絶対
やっちゃだめ。


やりたくなるけど、

だめ!


それじゃあどうするかというと、

いまの私は「SUITS」を見ます。




初めてドラマのDVD買っちゃうほど

ものすごくハマりました。

とりあえず

これを見てたら、

有害なことを考えなくてすむ。

しかも何本か見た後なら

ちょっとは持ち直しているかもしれない。


そうだ、

猫がどのキャットフードにも

満足しやからないとか

もう怒られないと思いやがってか

ポコが拭いてるそばから

ちょこちょこおしっこして歩くとか

やきいもが甘くなかった、

それをなんとかしようと

煮物にいれたら全部苦くなったとか

カートのエアタイヤのための

空気入れを買ったら

英式バルブと思ったのに

米式バルブだったとか

母の白内障手術があるから

付き添いするつもりでいたのに、

先日会ったひとが

感染力の強いアデノウィルス結膜炎に

かかっていたとあとで連絡がきて


5日ほどの潜伏期間後に

移ってるか判明するけど、基本的に

付き添いできないだろこれ、どうすんのとか


そのくらいなんだというのか。



それにしてもはじめはハーヴィーが
すごく好きだったけど



だんだんルイスが好きになってくる
この不思議。



人間の男性だと思うと気色悪いけれど

こういう生き物だと思えば

可愛く感じられてくる。

いやぁ、なんて正直なんだろうかって思えてくる。

ていうより、

これでも生きてていいのかっていう

感嘆に近いかもしれない。

みんながんばって

ピンチを乗り越えてるから

私も乗り切ろうって思える。

良いドラマです。


それではまたね。
コンテントヘッダー

公園を彷徨う。

もうすぐ新しい年になりますね。
今年もあっという間でした。

ひょっとしたら、
一生なんて
ああしよう、こうしようと
思っているうちに何もできないまま
終わってしまうのかもしれません。


そんな時間のない中、
先日はピーと
千葉の青葉の森公園を
2時間散歩してました。



ちょっと上の空で
心だけ急いて
途方に暮れたまま


そして、
ああ、前もこんな風にこの公園を
うろついていたことがあるなと
思い出しました。


あの時は

ここの駐車場に車を止めたはいいが
その後、小銭がないことに気付き、
管理人もいなくて機械だけで

小銭がないと車が出せないので

両替したくても
公園内にはお店もなく
万札しかなくて自販機もだめで
本当に困ってしまったのです。



そして今回は

この公園の近くの施設で
MRIを撮るためにポコを預けて

結果待ちのため
時間までウロウロしなければ
ならなかったのでした。




ポコは朝から絶食絶水のため、
私もついつきあって
食べず飲まずできましたが、


でも腹も空かず、
パグには危険な全身麻酔をかけるため、
もう気が気じゃなくて、
呆けた状態でひたすら歩いてました。



おかげさまで
ポコは無事だったのですが、

やはりヘルニアとのことでした。


いま急速に
足がきかなくなっているのですが、
今後の治療については
休みの後の話になります。


いや、恐ろしいんだな、
ヘルニアって。
私はよく知らなくて、
ヘルニアをただの腰痛だと思ってました。


ちなみに今回のMRIの代金は
101,520円也。。(ガハッ)←吐血音。


あの公園は
広くて素晴らしいところなのに、

そういう訳であまり良い思い出がない。


ところで前回は
死ぬ思いでピーを外につないで

コンビニで買い物をして
脱出が叶いました。


今回はどうやって
このピンチから脱出しよう。


ただ、この手は絶対に離さないぞ。

みなさま、良いお歳をお迎えください。


ではまたね。
コンテントヘッダー

SMASH!

12月も半ばを過ぎました。


そんな中
私はいきなり
海外ドラマ「SMASH」に
すっごくはまり、

シーズン1を一気に観て、
シーズン2を2話まで観たところで
一気に盛り下がりました。


なんでだろう、
あんなにあんなに面白かったのに、
なんでここまで
つまらなくなっちゃったんだろと
驚愕しています。


登場人物のキャラの出し方が
なんか変わっちゃったからかな。


私は
意地悪なカレンも
卑屈なアイヴィーも
気弱なデレクも見たくなかった。


カレンはどこまでも
まっすぐ挫けずOpenで
いてほしかったし、

アイヴィーにはどこまでも
妬みと不安におののきながら
主役にしがみつく
悪女でいて欲しかったし、


デレクには己の才能を信じて
傲岸不遜でいて欲しかった。


うーん、
「24」でも感じたけど、
悪女っていいですよね。

目的のためには
手段を選ばない人間って
最高だわ。


正直で人間臭くて大好き。


でもSMASHは
シーズン1で完成されていたんでしょうね。

終わり際を
見極めなかったことが敗因かも。


無理矢理続き作るのは罪だよね。


劇中劇をもっと面白い作品にしようと
試行錯誤する展開で
失速してつまらなくなるって皮肉だなあ。

さらに言えば新顔の2人組に
魅力がまったく感じられないのに

そいつらにふりまわされるみんなが
どうにも不愉快でした。

なんだよ、あの変な連中は。

若者ってイヤだな、
純粋という名のバカさ加減に
モーレツに腹立つわって思った。

気に入らないとすぐに怒鳴って僻んで
攻撃するって、猿なの?


でもシーズン1は真剣に面白いです。

まだ観てなかったらぜひ!

って結構前の作品なんですけどね。


なんてことを言ってるあいだも
年末は容赦なく近付いてきており、
なんだか忙しいです。


まわりでも具合の悪いひとが出始めて、
付き添いで病院に行くことも
多くなりました。


健康が一番ですね。

無理を続けたまま
臨界点を超えると
一気にいろいろでて来るようです。


みなさんも御身お大切に。


それではまたね。
コンテントヘッダー

動物のお医者さん、いろいろ。

ポコの後ろ脚の動きが悪く


かかりつけのお医者にいっても
「様子みましょう」で終わってしまうので、他の病院に行きました。

 
その他1.
レントゲンを撮ってここが悪い、
どうしますかっていうんだけど、

そこがどう悪くて
このままだとどうなるんですかと
聞いても説明してもらえず、
なんか先生は始終怒っていて

診断名も言わないまま
ステロイド剤の注射を射って、
でもこれ効かないと思いますといわれ、
なんだそりゃと思う。


それでその他2.

とりあえず
ポコの後ろ脚が
麻痺してるかもしれない
ことまでがわかり、


麻痺したダックスを
鍼と温浴療法で治した医者がいると
通りすがりのおばさんに聞いたので
いってみた。


設備が何もなく、
だから治療はみんな想像になるので、
たぶんここもダメだと思い、
その他3へ。


その他3.

新しいお医者で設備が整っており、
エコーで膀胱の状態を見せてくれたり、
レントゲンや血液検査、
尿検査もやってくれて、
時間もお金もかかったけど、
やっぱりはっきりすると安心できるよね。


おそらくヘルニアじゃないかと。


ヘルニアなら
MRIじゃなければわからない。 それでこんど別の機関に受けに行くことになりました。


ヘルニアには手術して治るタイプと
治らないタイプがあるそうで、
多分治らないタイプじゃないかと。


それより麻酔が怖いのですが、
でもそこまで専門の機関なら
しっかりやってくれるんじゃないかなあと。


怖がって何もしないで
中途半端でいることが一番怖い。

ポコのためならなんでもします。

健康が一番ですね。


みなさんもお身体お大切に。



それではまたね。


プロフィール

tora-torara

Author:tora-torara
人間一人、パグ2匹、猫1匹で暮らしています。
ピー10歳パグ♂
ミン太9歳猫♂
ポコ9歳になりました♪パグ♀

最新記事
カテゴリ
リンク
suits
suits 2
白血球さん、最高!
はたらく細胞(01) [ 清水茜 ]

はたらく細胞(01) [ 清水茜 ]
価格:648円(税込、送料込)

パグステッカー
着てみたいが、勇気が必要。
パグを乗せるのにぴったり。
QRコード
QRコード
検索フォーム
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。